どのような業務が経理アウトソーシングに向いていますか。
icons8-Todo List-64.png弊社では物量が多く、定型化出来るものがアウトソーシングに適していると考えています。イレギュラー処理が多い場合、ミス発生の要因となり、自社社員でしか対応することが難しい業務であることが多い為です。

アウトソーシング会社は外部の人間ですので、お客様社内のご事情や商流、暗黙のルールは分かりかねますので、まずは定型化できる業務から始め、徐々にイレギュラー処理の縮小、または定型化をお勧めしております。
業務内容の線引きはどのようになっていますか。
弊社で受託させて頂く業務につきましては、契約締結前に行う「業務調査」にて業務内容、作業スケジュール、物量、委託範囲を相互で確認します。その内容を業務委託契約書へ盛り込むことで契約締結後も円滑に業務を遂行致します。
経理アウトソーシングを進めていく中で、追加業務のご依頼や業務工程の見直しにも対応致します。追加業務の内容、変更箇所を精査させて頂き、別途お見積り致します。
税務申告を含む税金関連業務も経理アウトソーシングとして実施して頂けるのですか。
簿記の資格を持った実務経験豊富なスタッフ弊社は税理士法人では御座いませんので、税金関連業務はお受けできません。
経理業務と税金業務を分けて業務設計、アウトソーシングを行っております。
大量の伝票整理やファイリング等のシンプルな業務もアウトソーシングできますか。
弊社ではファイリングも経理業務の大切な業務と捉え、物量によって適正な人数の配置を実施しております。
コンプライアンスが厳しい会社ですが、御社の対応は大丈夫でしょうか。

icons8-Name Tag-96.pngヒアリングからご契約までの過程でお客様のご要望に応じて秘密保持契約書を締結します。

弊社社員は入社時に機密保持について誓約を実施し、定期的にプライバシーマークについて教育を実施しています。