アウトソーシングのメリット・デメリット

経理アウトソーシングのメリット・デメリットをまとめました。

 

tenbin2.gif

アウトソーシングのメリット


お客様の既存システムをそのまま使用しますので新たにシステムをご用意する必要がありません。
基本的には対応システムの制約はありません。

経理知識のあるスタッフが対応しますので、細かな経理の教育は必要ありません
お客様独自の業務フローはOJTが必要となります。

月内の繁閑に対応出来ます。
月末月初の繁忙期のみ、または月数日といった活用も可能です。

大量処理業務にも自社では手配困難な人員数も配置し体制を構築致します。

正社員や派遣社員をフルタイムで配置する場合と比較した場合、作業日程を絞って体制を構築しますのでコスト削減に繋がる可能性があります。


数少ない貴重な正社員を付加価値の高い業務にシフトする事が出来ます。
何年も仕訳入力、支払業務、売掛金管理業務等のルーチンワークを担当している方も多いようです。
悪い事ではありませんが経理社員としてのキャリアパスを想定し、適正な業務配置も必要です。

第三者が関わる事により不正防止や業務の可視化に繋がります。

アウトソーシング会社は豊富な知識や実績を持っています。
今まで当たり前と思って行っていた業務が 他社事例を紹介して貰う事によって業務改善のノウハウを得る事が出来ます。

アウトソーシングのデメリット


業務を外部委託する為、社内から一部ノウハウが蓄積されなくなる可能性があります。

パートや派遣と比較するとコストが割高になる可能性があります。
これは、請負の場合は納品責任を負ったり 受託会社での管理費用が掛かる為です。


依頼日数がスポットで少ない場合はリアルタイムに対応が出来ない場合があります。


いくら業務を委託するとはいえ丸投げは出来ません。
委託先との窓口担当者の配置は必要となります。イレギュラー事項が発生したり、会社としての判断が必要な場合が該当します。


アウトソーシングと相性の悪いコア業務は委託する事が出来ません。
 (例:銀行交渉、判断業務、現金等の現物取扱)


導入までに行う引継、受入準備、社内周知、ルール決め等、導入まで多少のパワーを要します。