導入事例【2】 訪問型 支払データ作成業務

正社員をコア業務へシフト。残業・休日出勤も減り、働き方改革を成功

訪問型 支払データ作成業務

業種:アパレル

従業員数:2,600名

受託内容 全国700店舗で発生する買掛金管理、支払データ作成
件数 月間2,000件、30部門
スケジュール 月初第4営業日〜9営業日の6日間で全件精査、仕訳データ作成完了

 

課題 ●従来は正社員7〜8名が他の業務の合間に行っていた
入力中心の業務である為、正社員には付加価値の高い仕事を担当させたかった
働き方改革の一環として月初時期、決算期の残業時間、休日出勤の削減も課題であった
提案@ 「訪問型」を提案
拠点から本社経理部へ届く封書の受領、開封、確認。 お客様事務所で行うことで到着管理、不明事項の早期解決といったレスポンス向上を図った
提案A 6名体制の構築
●短期集中の業務の為、指定された日程に訪問可能な経理スタッフを確保
提案B SAPへの取込用Excelフォーマットを整備
6名のスタッフが統一ルールの元に集中して作業できるよう作業環境、本社経理部様との連絡体制を整備 
ポイント ●毎月新しい取引先が発生することから、本社経理部門の方との情報共有が重要であった
請求書だけでは取引内容を判断できないものがある為、拠点・本社経理を交えた情報共有が重要
お客様の声 ●正社員の入力作業が大幅縮小されたのでコア業務へのシフトが実現しました
納期通りに仕上げて頂けているので非常に満足しています。