導入事例【1】 訪問型 立替経費精算業務

2,500名分の立替経費精算、教育OJT等の負荷削減を実現

訪問型アウトソーシング導入事例.jpg

 

業種:電子機器製造販売

従業員数:2,500名

受託内容 2,500名分の立替経費精算照合・承認業務
件数 月間3,000件
スケジュール 末締、翌月稼働4営業日までに全件承認完了
※申請者は日々申請を行い、2週間以内に本人口座へ振込

 

課題 ●派遣社員に担当してもらっていたが、退職に伴う後任の教育、OJT等が現場の負荷になっていた
派遣社員の個々の能力や対応にばらつきがあり、品質の安定、向上を図りたかった
提案@ 「訪問型」を提案
証憑類の受領、開封、内容物確認含め、お客様事務所で行うことでレスポンス向上を図った
提案A 5名体制の構築
従業員からは日々申請が上がってくる為、常時弊社の経理スタッフが1〜2名は出勤し円滑な処理を実施
月末月初時期、特に決算月は申請量が増える為、5名体制で納期遵守
ポイント 部門ごとに細かなルールが存在し、把握するのに時間がかかったが1つ1つ共有化
お客様従業員の入退社が多く、中途入社された方への経費申請ルールの徹底が難しい現実があった
お客様の声 お客様も把握しきれていないルールがあった為に可視化、改廃含めた協議ができるようになった
立替経費精算業務の労務管理、教育OJT等の工数がなくなった
5名のスタッフと管理者の方が丁寧に処理してくださっているので非常に助かっています